sAI Chat

sAI Chat『アクセス制限』

sAI Chatでは、ユーザー画面・管理画面の両方にアクセス制限をかけることができます。これにより、社外など外部からのアクセスを防ぎ、 セキュリティレベルを高めることが出来ます。

『アクセス制限』機能紹介

アクセス制限を行う際の認証方法は3種類あります。

Basic認証

事前に共通のユーザーIDとパスワードを設定し、利用時にIDとパスワードの入力を要求する事で、限られたユーザーのみチャットボットや管理画面にアクセスできます。

ID・Pass認証

事前に各ユーザーに対してそれぞれIDとパスワードを設定し、利用時にIDとパスワードの入力を要求する事で、限られたユーザーのみチャットボットや管理画面にアクセスできます。

参照:Google

管理者認証

利用時に管理者に対して利用リクエストを送り、管理者に承認されたユーザーのみ 、チャットボットや管理画面にアクセスできます。

参照:Microsoft

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事では、sAI Chatの「アクセス制限」機能について解説しました。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
こちらのフォームから、「2020年度版『sAI Chat』製品概要資料」をDLいただけます!

「2020年度版『sAI Chat』製品概要資料」


こちらの資料では、最初から賢いAIチャットボット『sAI Chat』の機能や料金体系についてまとめております。
また弊社の特徴である、「最初から賢い」や「運用の手間がかからない」秘密もわかりやすく記載しているので、チャットボット導入を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

中村 陽二

この記事をかいた人

東京大学工学部および同大学院工学系研究科修了。マッキンゼー&カンパニーでM&Aや製造業での成長戦略のコンサルティングを経験。2015年に株式会社サイシードを創業。
自動・半自動に対応するハイブリットチャットボット『sAI Chat』概要資料

弊社が提供するAI搭載チャットボット「sAI Chat」の紹介資料です。
導入初期からAIの精度が高いことに加え、ユーザーの話し言葉も理解して適切な回答を返せることが主な特徴です。
資料の中には管理画面のスクリプト編集やレポート機能、チャット画面の詳細なイメージなど、ホームページには掲載していない情報もあります。
導入をより具体的に検討するための参考資料としてご活用くださいね。