sAI Chat 機能紹介

sAI Chat『有人対応の追加』

sAI Chatでは、自動回答チャットボットで疑問が解決しなかった場合に、有人対応への切り替え機能を追加可能です。

『有人対応の追加』機能の詳細

ユーザー画面

AIによる質問対応が難しい場合に、有人対応へユーザーを誘導することで、ユーザーを待たせることなく問い合わせへの対応を行うことができます。

また、ユーザーが有人対応への切り替えを希望する際には、 問い合わせIDを発行することが可能です。 問い合わせIDを通じて、チャット上でのユーザーとAIのやりとりをオペレーターに共有する事で、オペレーターはスムーズに問い合わせ対応を行うことができます。

管理画面

オペレーターは、管理画面上で「ユーザーからのメッセージ」「日時」「対応ステータス」を一覧で閲覧可能です。

ユーザーからのメッセージをクリックすると、管理画面にユーザーとの対話履歴が表示され、問い合わせをしてきたユーザーとメッセージのやりとりが可能です。

対応が完了したあとは、「対応完了」ボタンを選択することでステータスが更新されます。これにより、オペレーター間の引き継ぎもスムーズに行うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事では、sAI Chatの「有人対応の追加」機能についてご紹介しました。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
こちらのフォームから、「2020年度版『sAI Chat』製品概要資料」をDLいただけます!

「2020年度版『sAI Chat』製品概要資料」


こちらの資料では、最初から賢いAIチャットボット『sAI Chat』の機能や料金体系についてまとめております。
また弊社の特徴である、「最初から賢い」や「運用の手間がかからない」秘密もわかりやすく記載しているので、チャットボット導入を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

自動・半自動に対応するハイブリットチャットボット『sAI Chat』概要資料

弊社が提供するAI搭載チャットボット「sAI Chat」の紹介資料です。
導入初期からAIの精度が高いことに加え、ユーザーの話し言葉も理解して適切な回答を返せることが主な特徴です。
資料の中には管理画面のスクリプト編集やレポート機能、チャット画面の詳細なイメージなど、ホームページには掲載していない情報もあります。
導入をより具体的に検討するための参考資料としてご活用くださいね。