• home
  • >
  • sAI Chat
  • >
  • sAI Chat導入事例
  • >
  • 派遣スタッフの心を捉えて離さない、満足度向上ツールの導入事例
  • 派遣スタッフの心を捉えて離さない、満足度向上ツールの導入事例

    最終更新日:2017年9月22日
    このブログはAIを活用したチャットボット『sAI Chat』を提供する、株式会社サイシードが作成しています。
    最新の事例や企業での活用方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

    代表 中村
    本記事では、sAI Chatがどのような場面で活用できるのかについて、実際の事例とともにご紹介しています。 今回は、派遣事業者向けに『派遣スタッフの綿密なフォロー』を目的とした導入事例をご紹介します。 1.現在、派遣事業者が抱えている課題 2.その課題を解決する手段 3.具体的な導入方法 をわかりやすくご説明できるよう、架空の人材企業『キャリア×キャリア』を舞台に、経営戦略を練っていくプロセスをストーリー形式で紹介していきます。 また、記事の最後で自動と半自動に対応するハイブリットチャットボット『sAI Chat』概要資料をDLいただけますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

    派遣事業者を取り巻く現状

    ――ここは、総合人材企業『キャリア×キャリア』丸の内オフィス派遣事業部。
    パソコンの画面を前にして、一人の若手社員、水谷が頭を抱えていた。
    水谷は、新宿区のクライアント企業と建築職の求職者を繋ぐ営業担当。
    しかし、成績は今月も最下位であった……。

    社員 水谷
    どうしようかなあ、この成績……。
    せめて、今ある契約をこれ以上減らすわけには……。
    上司
    水谷君!そろそろ派遣スタッフとの面談の時間だろう!早く行きたまえ!
    社員 水谷
    は、はい!ただいま!!

    ――『キャリア×キャリア』派遣事業部、応対室。

    社員 水谷
    次の方、どうぞー!
    筋肉 松岡
    し、失礼します……。
    社員 水谷
    (ムキムキなのに、随分大人しい人だな……。)
    松岡さん、剛田建設さんでのお仕事はいかがですか?現場ではよく働いてくれると評判ですよ!
    筋肉 松岡
    そ、それが……。ううっ……。

    ――そのとき、松岡の目からあふれ出した涙が、彼のはちきれんばかりの大胸筋をしとどに濡らした。

    社員 水谷
    え?え!?松岡さん、どうしたんですか!泣かないで下さい!
    何があったのか教えてください!
    筋肉 松岡
    ううっ、水谷さん…….。
    実は、現場で上司に目を付けられてて……。たくさん糖質の入った弁当を食べさせられるんです。
    社員 水谷
    (どんな弁当だよ!それ普通の弁当だろ!)
    筋肉 松岡
    SASUKEに出るために必死で軍資金を稼いでいたのに、すっかり筋肉たちが衰えてしまって……ううう、あんまりだ!
    社員 水谷
    (SASUKEに軍資金いらんだろ!)
    ……ふう。なるほど、たいへんでしたね。ところで、剛田建設さんとは来月で契約更新ですが……。
    筋肉 松岡
    もちろん解約です!ハードな現場はトレーニングには申し分ないですが、これ以上筋肉をいじめてくる同僚たちとは働けません!
    社員 水谷
    そ、そんな~~!!

    ――バタン……。

    社員 水谷
    まままま、まずいぞ……。
    また面談で派遣スタッフに泣かれて契約解除されたことを上司に知られたら……。

    ――2ヶ月前

    上司
    いいか水谷!この売り手市場で、わが社にとって派遣スタッフは宝も同然!絶対によそに渡してはならん!
    それをお前は何だ!契約解除ばかりじゃないか!
    派遣先企業からもスタッフにすぐやめられては困ると苦情が来ているぞ!
    上司
    いいか!スタッフを繋ぎとめるために必要なのはコミュニケーションの量と質だ!それを通じて信頼を得なければならぬ!
    なぬぅ!?担当人数が多すぎて無理だと!?お前の先輩達はきちんと出来てるじゃないか!人材紹介部の田中の爪の垢でも煎じて飲んでろ!!
    社員 水谷
    ヤツが同期のエースだからって、みんなして田中と俺を比べやがって……。
    社員 水谷
    いや、今それはいい……。これは本格的にまずい……。
    とはいっても、50人も担当派遣スタッフを抱えた状態じゃ、コミュニケーション取る時間なんてないしな……。
    ベテランの先輩達は上手くやるんだろうけど、新人の俺じゃ厳しいし……。
    いきなり面談で泣き出す人ばっかりだし……。泣きたいのはこっちだよ……。

    ――そのとき、水谷のデスクの電話が鳴った。

    社員 水谷
    はいっ!水谷です!
    なになに……派遣先が寒いからエアコンを二度上げてほしいですね!それはですね、リモコンでこう、ピッピッと……。
    ってなんでやねん!それくらい自分の口で言えばええやろ!!!二度と俺にそんなくだらないことで相談すんな!!

    ガチャン!!!

    社員 水谷
    (や、やってしまった..….。)
    上司
    おお、ここにいたか水谷。
    さっき剛田建設の人事の方から連絡があってな、お前が戻ったら折り返して欲しいと…。
    社員 水谷
    もももも、申し訳ありません!今急に熱が40度出てしまいました!
    残念ですが今日は早退させて頂きます!!それでは、失礼しますっ!!!
    上司
    み、水谷!?!?
    社員 水谷
    ……どうしよう、思わず逃げてきてしまった……。
    こうなれば最後の手段だ。悔しいが、人材紹介部の田中に教えを請おう……。

    ――夜、『キャリア×キャリア』人材紹介部エース社員田中の自宅前

    社員 田中
    ふう、今日も疲れたな。
    でも、プロジェクトのほうも上手くいきそうだし、評価も給料も上がりっぱなしだ。それもこれも全て、中村さんのおかげだ。
    社員 水谷
    誰のおかげだって!?
    社員 田中
    うわっ!!ってなんだ水谷か、そんなところに隠れていったい何の用だ?それにお前、少しやつれたんだじゃないか?
    社員 水谷
    ふふふ……。今日はお前の秘密を暴きに来たぞ!さあ、白状するんだ!!
    社員 田中
    秘密?ああ、俺のスーパーバイザー、中村さんのことか?
    代表 中村
    田中さん、呼びましたか?
    社員 田中
    うわっ!中村さんまで、俺の家の前には一体何人隠れているんだ……。
    ところで、先日は本当にお世話になりました!「sAI Chat」のおかげでチームの成績は順調そのものですよ!
    社員 水谷
    「sAI Chat」?
    なんだよ、それ。
    社員 田中
    何だお前、知らないのか?
    見せてやるよ!俺のサクセスストーリーを!

    人材業界にAI×チャットで革新!キャリアアドバイザーの育成・業務改善事例

    2017.08.03
    社員 田中
    ん?お前何で泣いてるんだ?
    社員 水谷
    松岡さん……。そんなに熱い思いがあったなんて……。
    社員 田中
    まあいいか、そんなことより水谷、お前成績が悪くて困っているんじゃないか?
    お前も中村さんに助けてもらえよ!そりゃもうすごいのなんのって!
    代表 中村
    田中さん、そんなに言われては照れてしまいますよ……。
    ただ私が人よりちょっと頭がキレて、スマートで、白い歯がまぶしくて……企業からも女性からも引き合いが多いだけですよ……。
    社員 水谷
    中村さん!どうか私目に救いの手を!このままではクビになってしまいます!!!
    代表 中村
    水谷さんとやら、わかりました。まずは現状でどのような課題があるか、私に教えてください。
    社員 水谷
    はい。 まず、派遣業界のビジネスモデルは、派遣スタッフに長く働いてもらうことで収益が上がります。近年、人材売り手市場が続く中、どこの企業も派遣スタッフを取り合っているため、自分の担当スタッフが他社に流れないようフォローしなければなりません。 しかし、営業は一人当たり30~50人のスタッフを担当するため、どうしても一人一人へのフォローが薄くなりがちで……密で高速なやり取りが必要だというのは重々承知ですが、これを電話で行うのはなかなかの負担で……。
    代表 中村
    なるほどなるほど、一言でキュッとスリムにまとめると、「派遣スタッフの満足度を向上させ、契約継続率を向上させるために必要なフォローを効率的に行いたい」ということですね?
    社員 水谷
    まさにその通りです!でも、口で言うのは簡単ですが、そんな手段なんてあるはずが……。
    代表 中村
    それがね、水谷さん。あるんですよ。とっておきの方法が……ね。
    社員 田中
    よっ、中村さん!こっからがすごいんですよね!
    社員 水谷
    (田中……いくらなんでもヨイショしすぎだろ……)

    派遣スタッフへの綿密なフォローを実現する方法とは?

    代表 中村
    その方法とは、ズバリ!!
    派遣スタッフへの対応に、チャットを導入するんです!
    社員 水谷
    チャット……ですって!?
    確かに、LINEのようなチャットツールは派遣スタッフにとっても身近で使いやすい媒体ですし、気軽に相談できるというメリットはありますが……。
    僕達担当者がスマートフォンで一通一通、ポチポチ返事を打つってことですか?

    中村は人差し指を立てながら不敵な笑みを浮かべた。

    代表 中村
    チッチッチッ……。
    正確に言えば、チャットを使って派遣スタッフのフォローを行う際に、『sAI Chat for Haken』を活用することで、こちらの負担を大幅軽減、効率化し、より密で高速なメッセージングを可能にします!
    代表 中村
    sAI Chat for Hakenの特長は以下の三つ。 1.回答レコメンド 派遣スタッフのメッセージをAIが読み取り、スクリプトの中から適切だと思われる返答内容をキャリアアドバイザーに教えてくれます。担当者は1クリックし、微修正するだけで返信文を作成することができるので、返信にかかる工数を大幅に削減できます。 2.人材派遣に特化した顧客管理の実現 派遣スタッフのステータス管理や、契約内容と個人情報の紐づけなど、人材派遣事業を行う上で必要十分な顧客管理機能を備えています。 3.連絡手段を統合管理 LINEだけでなくメール・Facebook Messengerとのやり取りを同じ画面上で行えるので、メール併用のオペレーションでも担当者の負担を増やすことなく導入することができます。 これらの機能によって、スタッフとのメッセージング速度はおよそ3倍! スムーズな対応で派遣スタッフの満足度を向上させ、契約更新時の離脱率を約25%削減することが可能になるんです!
    社員 田中
    中村さんに導入して頂いたsAI Chat for Agentを、さらに派遣事業に特化させたツールってわけですね!
    社員 水谷
    (こんなツールがもっと早くからあれば、俺はもっと余裕を持って派遣スタッフをフォローすることが出来ていたんじゃないか……)ズキン
    代表 中村
    ……水谷さん。後悔していますか?
    社員 水谷
    !?
    な、何を……
    代表 中村
    今回の解決策の本質は、「派遣スタッフと担当者が信頼関係を築くこと」…… チャットも、sAI Chat for Hakenも、あくまでそれを補助する手段でしかありません。 一度壊れた信頼は、再び築き上げるまでに時間がかかります。 でも、不可能ではありません。ぜひ、このツールを使って、もう一度派遣スタッフの方々と信頼関係を再構築してみてください。
    社員 水谷
    中村さん……。分かりました。
    スタッフが泣いていたら一緒に泣く。悩んでいたら一緒に解決策を考える。俺、そんな担当者になります!
    社員 田中
    さすが中村さん!そこにシビれる!あこがれるゥ!

    翌日の定例会議……

    社員 水谷
    ……このように、sAI Chat for Hakenの導入が、派遣スタッフとの信頼関係構築に大きく貢献することは言うまでもありません。
    また、こちらのツールは、先日人材紹介部に導入されたsAI Chat for Agentを、派遣事業に特化させたもので……
    上司
    弊社の現状と課題への解決策として、素晴らしいツールじゃないか!水谷、お前どこでこんなツールを見つけてきたんだ?
    あと、そこにいる、赤いスーツの男は誰なんだ?
    代表 中村
    前回警備員の方に捕まってしまいましたのでね。今回はルパン三世をモチーフにキメてみたのですが、もみあげの長さが足りなかったでしょうか?
    社員 水谷
    もう万年最下位とは言わせない……スタッフとの信頼関係で、営業成績トップになってやる!!

    警備員に連行される中村を横目に、水谷は拳を握りしめた。

    続きはこちら

    代表 中村
    最後までお読みいただき、ありがとうございます。 こちらのフォームから、「自動と半自動に対応するハイブリットチャットボット『sAI Chat』概要資料」をDLいただけます! ベンダー比較・検討する際の参考として、ぜひご活用くださいね。

    自動と半自動に対応するハイブリットチャットボット『sAI Chat』概要資料

    自動と半自動に対応するハイブリットチャットボット『sAI Chat』概要資料

    sAI ChatはAIを使った完全自動のチャットボットと、AIがオペレーターに回答を提示する半自動の有人対応をシームレスに切り替えられるチャットシステムです。
    こちらの製品概要資料では、機能・特徴・価格・他社との違いなどサービスの詳細について紹介しています。
    チャットボットやチャットシステムの導入を検討している方は、ぜひ検討いただければと思います。