home > sAI Search > sAI Search機能紹介 > FAQシステムの検索精度を向上させるAIの学習機能『フィードフォワード』のご紹介

FAQシステムの検索精度を向上させるAIの学習機能『フィードフォワード』のご紹介

最終更新日:2018年8月30日
このブログはAIを活用したFAQシステム『sAI Search』を提供する、株式会社サイシードが作成しています。
最新の事例や企業での活用方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

代表 中村
こんにちは、代表の中村です。 先週船釣りに行ったのですが、釣り船のエンジントラブルでほぼ魚がいないポイントで3時間待機せざるを得ない状況になってしまいました。 帰港後、船長が『今日はごめんね、これ次回使える半額券』と言ってクーポン券を渡されましたが、乗客一同『二度と乗るか!!というかクーポン券を用意してるならよくトラブってるのかよ!』という顔をしていました。 さすがにリピートする人はいないと思うので、船長にも学習して欲しいものですね。 さて、今回はナレッジ検索システムである『sAI Search』の学習機能『フィードフォワード』についてご紹介させていただきます。 また、記事の最後では「2019年度版『チャットボットベンダー』徹底比較集」をプレゼントいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

『sAI Search』は登録されたFAQの中から目的の回答を表示するナレッジ(=マニュアル)検索ツールです。
AIが組み込まれているので、登録された質問文とは異なった表現で検索されても学習することで、次回は同じ意味として正しく認識できるようになります。
オペレーターが正誤判定を行って、AI学習する機能を『フィードフォワード』と名付けていますが、今回はその学習をどのように行うかを紹介します。

機能詳細

フィードフォワードの主な機能は、オペレーターがsAI Searchで検索した内容に対して、AIが提示したFAQが合っていたかどうかボタンで判断する機能です。
AIの提示結果に対して、オペレーターには3つのボタンの選択肢があります。

1.解決できた場合
2.解決できなかった場合
3.解決できたが要編集の場合

『解決できなかった場合』のフロー

「スクリプト編集」→「未登録メッセージ」タブに、このボタンが押された際のオペレーターの入力文が一覧で表示されます。
SVはこれを見ていき、

1.正しいFAQが存在していなければ「新規作成」ボタンをクリックし、FAQを新規作成する
2.押し間違いや個別すぎるものは「登録不要」ボタンをクリックし、一覧から削除する
3.正しいFAQが存在していれば「既存のものに紐付け」ボタンをクリックし、正しいFAQに紐づけていく

『解決できたが要編集の場合』のフロー

同様に「スクリプト編集」→「要修正メッセージ」タブに、このボタンが押された際のオペレーターの入力文、質問文、回答文、修正すべき点が一覧で表示されます。
SVはこれを1つずつ見ていき、回答文を修正します。
回答文の修正が適切でないと判断した場合には、新しいFAQを追加することも可能です。

デフォルト設定では正誤の判断はオペレーターが行い、FAQの編集・追加はSVが行うと想定していますが、権限は自由に設定できます。

まとめ

代表 中村
いかがでしたか? 『フィードフォワード機能』によって、普段のオペレーションの中でAIの学習とFAQの改善が自然と行われます。 また、企業毎のオペレーションに合わせた運用方法の提案も可能です。 こちらのフォームから、「2019年度版『チャットボットベンダー』徹底比較集」をDLいただけます! ベンダー比較・検討する際の参考として、ぜひご活用くださいね。

2019年度版『チャットボットベンダー』徹底比較集

2019年度版『チャットボットベンダー』徹底比較集


こちらの比較集では、数多あるチャットボットベンダーを自社開発AI/OEM型AI/人工無脳に分類し、それぞれのメリットとデメリットを解説しています。
さらに、自社開発AIについては各社の導入事例を元に定量的な性能評価を行っているので、チャットボット導入を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

sAI Search機能紹介についての最新事例や活用方法をご紹介
高速高精度!次世代のFAQ検索システム『sAI Search』概要資料

弊社が提供するAI搭載FAQシステム「sAI Search」の紹介資料です。
入力された話し言葉(=自然文)をリアルタイムで認識できるほか、オペレーターに適切な回答を掲示するサポート機能を持つことが主な特徴です。
資料の中には管理画面のスクリプト編集やレポート機能、チャット画面の詳細なイメージなど、ホームページには掲載していない情報もあります。
導入をより具体的に検討するための参考資料としてご活用くださいね。