LINEミニアプリを使った高齢者とブルーカラーのDX【アーカイブ配信】

こんなお悩みありませんか?

  • LINE公式アカウントでどんなことができる?
  • 自社アプリを運用しているが、ユーザーに全然DLしてもらえない
  • ITリテラシーが低い社員の業務のデジタル化を進めたい

    セミナー概要

    ここ1,2年でLINE公式アカウントのAPIが拡充され、今までスマホアプリで実装していた機能が、LINE公式アカウント上で実現できるようになりました。
    このLINE公式アカウント(=LINE内アプリ)を使うことで、リテラシーが低くPCで操作するシステムやスマホアプリと相性が悪かったユーザーが、一気にデジタルに移行するパラダイムシフトが起き始めています。

    ・toC向けには、高齢者ユーザーが大幅に増加した事例
    ・社内向けには、建設業や卸売業の社員や取引先が勤怠管理や受発注を電話・FAXから切り替えた事例

    を紹介していくセミナーです。

    セミナーでお伝えすること・LINEミニアプリとは?国内外の事例と合わせて紹介
    ・ネイティブアプリとミニアプリの比較
    ・LINE内アプリが持つ3つの意外な特徴
    対象者・消費者向け新規事業の開発を担当している方
    ・自社のスマホアプリ導入を検討する部門の責任者や経営者
    ・業務効率化を推進する部門の責任者や担当者
    日程2020/10/06(火) 15:00~15:40
    2020/11/04(水) 17:00~17:40

    ※こちらのセミナーはセミナー映像のアーカイブ配信を行います。
    前半約20分でセミナーのアーカイブ映像を配信し、
    後半20分間ではリアルタイムで質疑応答を受け付ける方式です。
    参加費無料
    主催株式会社サイシード

    参加者からの声

    LINE内アプリと、webアプリやネイティブアプリとの違いを詳しく説明していただき、理解することが出来ました。LINE内アプリはより気軽にご利用いただけると分かりました。
    (化粧品メーカー 経営企画室 S氏)
    中国での事例を知り、今後日本でも普及していくのではないかと感じました。
    弊社も変化に対応しなければいけないと痛感しました。
    (ITサービス業 マーケティング部 Kさん)
    種苗メーカーさんの事例で、高齢者の方も利用しやすいということだったので、弊社でも参考にさせていただきたいと思います。
    (医療メーカー カスタマーサポート部Bさん)

    参加方法/アクセス