コロナワクチン

コロナワクチン接種予約『住民向け予約サイト』の使い方を紹介

最終更新日:2021年3月2日

この記事は、音声認識システムやLINEミニアプリなどの先端システムを使って、『お問い合わせ革命』を実現する株式会社サイシードが作成しています。

代表 中村
サイシード代表の中村です。
先日医療従事者へのワクチンの先行接種が開始されましたね。全住民への接種に向けて各自治体準備に追われていることと思います。
今回の記事ではサイシードの『コロナワクチン接種専用予約管理システム』の中の「住民向け予約システム」の使い方を説明します。住民にLINEやweb、IVRを利用して予約を取ってもらうことでコールセンター負担を大幅に減少させることが出来ます。開発中のものになりますが、実際の画面を交えて詳しい使い方をご紹介していきます。

急ぎ見積もりが必要な方は、こちらのフォームよりお問い合わせください。
>>ワクチン接種予約システムの予算お見積りフォーム

また、弊社サイシードが提供する予約管理システムに関する情報は全てこちらのページにまとめているので、合わせてご確認ください。

住民向け予約システム概要

住民向け予約システムとは、住民がコロナワクチン接種の予約を行うためのシステムです。webサイトとしてインターネット上に公開され、自治体ごとに独立したURLを持ちます。

この予約サイトへは2つの方法でアクセスすることができます。

(1)webブラウザから:自治体のHPから直接アクセスできます。
(2)LINE公式アカウントから:自治体が運営するLINE公式アカウントのリッチメニューからアクセスできます。

どちらも予約サイトへ遷移後は同じ流れになります。

AIチャットボットの使い方

また予約サイトにはAIチャットボットを設置しており、住民からの問合せに24時間自動で対応しています。
このページからも試すことが可能なので、ページ右下の「よくある質問を調べる」ボタンをクリックし、カテゴリの選択や質問文の入力をしてみてください。

AIチャットボットの使い方

AIチャットボットが回答するFAQデータについては、サイシードで200件ほどの質問文と回答文を入力したテンプレートを作成して、自治体様に共有いたします。(厚生省等の情報更新も随時追加して共有いたします)
もちろん自治体ごとに、FAQを編集・追加することが可能です。

ではここからは、予約サイトの使い方を紹介します。
※当記事の内容をyoutubeで説明しています。映像の方がわかりやすいという方は、下記をご覧ください。

ログイン機能

コロナワクチン接種の予約をするためにはログインが必要です。接種券番号と生年月日8桁を入力します。
接種券番号が何か分からない場合は、接種券番号の横の?マークをタップすると説明が表示されます。
接種券番号か生年月日の入力に誤りがあると認証失敗画面が表示されます。再度、正しく入力してください。

ログインには接種券番号と生年月日8桁を入力します

接種者情報入力機能

次は接種者情報の入力です。
各項目は、自治体ごとに必須か任意か不要かを選択できます。
ログイン時に入力した接種券番号と生年月日以外の情報が不要な場合はこの入力画面は割愛されます。
この画面が表示される場合は、必要な情報を入力してもらいます。

自治体ごとに設定した接種者情報を入力します

続いて、予約の具体的な流れを紹介します。

会場選択から予約確定までの流れ

まず最初に会場を選択する必要があります。
接種会場は一覧で表示され、会場名で検索することもできます。
検索条件を追加すれば、住所、最寄り駅、エリアで会場を絞り込むことができ、近くの接種会場が分からなくても探すことができます。
※なお「エリア」の範囲の考え方は自治体ごとに自由です。
「字(あざ)」で分けても良いですし、コンソーシアムで利用する場合は市区町村単位で設定しても構いません。

接種会場を選択し「この会場で予約」をタップすると、この会場で接種できるワクチンの選択に進みます。
※接種会場ごとに、選択できるワクチンを予め登録しておきます。
※1回目と2回目で異なるワクチンを選択することはできません。

接種会場の検索画面と情報確認イメージ

ワクチン選択

選択した会場で接種できるワクチンが表示され、ワクチンの種類を選択します。ワクチンが一種類の場合は、選択せず希望日時選択へ進みます。

日時選択

希望日時をタップすると、カレンダーが表示され希望日を選択します。時間毎の予約の空き状況と枠数が表示されます。空いている枠を探し、選択して予約確定をタップします。
もし希望日に予約の空きがない場合は、日付の左右にあるボタンをタップすると、前後の日程の空き状況を確認することができます。

日時検索イメージ

予約確定

予約が成立すると完了画面が表示されます。これで予約確定です。

しかし、同時アクセスにより満席になり、予約が成立しない場合もあります。その場合はエラー画面が表示されるので再度日時選択をする必要があります。
また、2回目接種は1回目との接種間隔がワクチンごとの規定日数より短いと予約ができません。その場合もエラー画面が表示され、再度日時選択をする必要があります。

接種予約の確定とエラー画面イメージ

マイページで確認できる情報

ここからはマイページの機能を紹介します。
マイページは右上のハンバーガーメニューからアクセスできます。

接種者情報の変更

自治体ごとに任意で設定する個人情報を住民側で変更することができます。マイページにある基本情報の欄の「情報変更」をタップして内容を変更します。

予約の変更およびキャンセル

予約の変更やキャンセルもマイページから行えます。マイページにある予約履歴を確認し、予約の変更やキャンセルをします。

お知らせ機能

お知らせ機能とは自治体から住民へのアナウンスです。トップ画面の上に赤字で表示されます。赤字の部分をタップすると、詳細内容を確認することができます。
また、右上ハンバーガーメニューのお知らせ一覧からも確認することができます。

予約の確認や変更はマイページから行えます

利用規約

利用規約はログイン画面の「利用規約に同意します」の文字をタップすると確認することができます。また、右上のハンバーガーメニューの下にあるプライバリーポリシーからも確認できます。

利用規約の確認方法は2通りあります

多言語対応

この予約サイトは多言語対応も行っています。右上のハンバーガーメニューをタップすると7カ国語を切り替えることが可能です。
なお、多言語に対応するのは住民向けの予約サイトのみで、AIチャットボットや予約管理システムは多言語対応しておりません。

7カ国語に切替え可能です
代表 中村
今回は住民向け予約サイトの使い方を画面のイメージと合わせて紹介いたしました。実際に使っていただけるサイトの開発までは時間がかかるので、現段階ではこちらの記事を参考にしていただければと思います。

見積もりが必要な方は、こちらのフォームよりお問い合わせください。
>>ワクチン接種予約システムの予算お見積りフォーム

『コロナワクチン接種予約管理システム』に求められる仕様一覧

ワクチン接種予約管理システムでは、迅速かつ安全に接種を進めていくために、細かい多くの要件が必要です。自治体独自で考慮し切るのは難しいと思うので、ぜひ弊社の予約管理システムの仕様書を参考にしてみてください!

『WeChatミニプログラム』の2020年度版最新開発事例集

日々変わる情報と様々な予約システムがある中で、ワクチン接種を円滑に進めるためにはどのような要件が必要なのか?
・ワクチンの使用に合わせた予約制限
・政府発表の接種管理新システム(通称、河野システム)との連携
・コールセンターと接種会場での権限分け
など、円滑な接種体制構築に不可欠な仕様一覧をお伝えします。