LINE通知メッセージとは?友だちではない公式アカウントからメッセージが届く?

最終更新日:2019年2月7

このブログは、LINEを活用したAIソリューションを提供する、LINE公式パートナーの株式会社サイシードが作成しています。最新の事例や企業での活用方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

代表 中村
こんにちは、サイシード代表の中村です。
先日知人から、カレーにほうれん草を入れるかどうかで恋人と揉め、結局料理を作る側の言い分を通すという結論に帰着したという話を聞きました。将来そういった話し合いが発生した際で少しでも有利に自分の主張を通せるように、私はこれからも粛々と、淡々と料理の腕を磨いていきたいと思います。
おっと、失礼LINEが届きました。
「西濃運輸?この前注文した業務用の冷蔵庫かな?
あれ、そもそも友だち追加してないのに?」

LINEで友だち登録していないアカウントからメッセージが送られてきて驚いたことはありませんか?これは「通知メッセージ」と呼ばれるLINE公式アカウントのメッセージ機能の一つなんです。今回はこの「通知メッセージ」について詳しく解説していきます。

また、記事の最後では「2020年度版『LINEで動くWebアプリ』最新開発事例集」をプレゼントいたしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

当記事は通知メッセージに焦点をあてているため、LINE公式アカウント全般について知りたい、という方はこちらの記事をご覧ください。

通知メッセージとは?

参照:LINE株式会社

「通知メッセージ」とは、LINE社が提供するメッセージ機能の一つです。

LINEに登録されているユーザーの電話番号と、企業が保有する顧客データベース上の電話番号情報とを照合させることで、友だち登録していないユーザーに対してもメッセージを送ることができます。

企業側のメリットとしては、まず「ユーザーに通知を見て貰えやすい」ことが挙げられます。ユーザーが普段から利用しているLINEに通知を送れるため、閲覧してもらえる可能性が格段に上がります。例えば、公共料金の通知等ユーザーに確実に確認してもらいたいメッセージを通知メッセージとして配信することで手続き忘れを防止する、といった使い方が出来るのではないでしょうか。

また、友だち登録していないユーザーにメッセージを送れるため、単純に友だち数を増やすことができる点もメリットですね。

なお、この「通知メッセージ」では広告を含んだメッセージをユーザーに配信することは出来ません。また、メッセージはLINE社が定める「サービス向上のため情報利用」に同意し、「通知メッセージ」の受信設定をしているユーザーのみに配信されます。

代表 中村
通知メッセージは当初、インフラ企業を中心とした6社限定でサービスが提供されていましたが、現在は旅行サービスやEC等の業界でも利用されるようになっています。

通知メッセージの活用事例

ここからは通知メッセージ記事の活用事例をご紹介します。

東京電力エナジーパートナー(インフラ)

参照:LINE株式会社

東京電力エナジーパートナーは、電気料金プランを契約しているLINEユーザーに対し、月ごとの電気使用量などの確定通知を送るサービスを提供しています。この通知メッセージを導入した結果、同社の企業アカウントの友だち数は、導入と比較し約3.3倍になりました。また、ユーザーからは「使用量を通知してくれるので非常に便利」など、ポジティブな声が多く上がっているそうです。

LIFULL(不動産)

参照:LINE株式会社

LIFULLでは、同社の運営する不動産・住宅情報サイト上でユーザーが掲載物件への問い合わせを行うと、その問い合わせの完了通知メッセージをLINE上に通知するサービスを提供しています。 また、問い合わせ情報だけでなく物件情報のレコメンドも配信できます。

現状、多くの不動産社はメールベースでユーザーに物件情報を送っている場合が多いので、このようなLINEを用いたサービスを活用することで他社との差別化を図ることが出来るのではないでしょうか。

JINS(メーカー)

参照:LINE株式会社

JINSは、オンラインショップで商品を購入したユーザーを対象に通知メッセージで受注確認を行うサービスを提供しています。JINS IDとLINE User IDを連携することで、注文確認のプッシュ通知を受け取ることが可能です。それ以外にも、出荷完了、店舗受け取り、コンビニ受け取りの際の着荷連絡など、商品が届くまでの段階ごとに情報を確認することができます。

西農運輸

西農運輸は、荷物の届け先の電話番号とLINEに登録されている電話番号が一致しているユーザーを対象に、通知メッセージで荷物の配達予定時間を事前に通知するサービスを提供しています。配達予定時間の確認だけでなく、配達日時の希望変更も行うことが出来ます。

不在で荷物を受け取ることが出来なかった場合、従来は電話・ホームページ上で再配達の依頼をする必要がありましたが、このようにLINEで手軽に手続きを行えると非常に便利ですね。

通知メッセージを利用するには?

参照:LINE株式会社

通知メッセージを利用するには、LINE社による審査を通って初めて利用することが出来ます。利用するためには、LINE Account Connectの公式パートナー経由で申し込む必要があるので、ぜひ弊社にお問い合わせください。

また冒頭でもお伝えしましたが、通知メッセージは広告要素を含まない純粋な「通知」である必要があるのでご注意ください。上記に示した利用許可例によると、例えば購入・予約完了、支払い遅延内容の督促、搭乗便の遅延/欠航等が挙げられます。

通知メッセージを活用しやすい業界

上記で紹介した事例以外に、今後通知メッセージの活用が進むであろう使い方をご紹介します。

クレジットカード・銀行口座からの引き落とし通知

クレジットカード等の引き落とし日に残高が不足していて焦った経験がある方が多いのではないでしょうか。

クレジットカードや銀行口座の引き落とし日を通知メッセージで受け取れたなら、そうしたうっかりを予防できます。また企業側もユーザーにきちんと金額を支払ってもらえる確率が高まるため、双方にメリットがあるといえます。

リフォーム・工事日時の確定通知

リフォームやインターネット回線等の工事を申し込む際、電話・メールで工事日時の確定を伝えられる場合が多いです。

通知メッセージでそうした工事日時の確定通知を閲覧することが出来れば、ユーザーにも便利ですし企業もそれらの対応にかけていた時間を他業務に充てることができます。

遅延通知

電車・鉄道が遅延すると業務に大きな影響が出てしまいますよね。その際、乗り換えアプリ等で自身がよく使う路線を登録し、遅延・運休発生時にプッシュ通知が来るよう設定している人も多いです。

しかし、最近ではアプリのダウンロード自体を面倒に感じるユーザーも多いので、利用率が高いLINE上で遅延情報を確認できることには一定のニーズが存在すると考えられます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

通知メッセージは、「友だち登録していないユーザーに対してもメッセージを送ることができる機能」という点が特徴的なサービスです。LINEの配信メッセージをユーザーに見てもらうために非常に有効な手段なので、今後様々なLINE公式アカウントで活用が進んでいくのではないでしょうか。

代表 中村
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
こちらのフォームから、「2020年度版『LINEで動くWebアプリ』最新開発事例集」をDLいただけます!
LINE公式アカウントは、もはやメッセージ配信ツールに留まらず、アプリ開発プラットフォームに進化しています。
ユーザーにダウンロードされない自社アプリよりも、LINEアカウント上でアプリ開発を行う企業が増えているので、その事例をぜひ参考にしてみてください。

「2020年度版『LINEで動くWebアプリ』最新開発事例集」

「2020年度版『LINEで動くWebアプリ』最新開発事例集」

こちらの事例集では、現在「自社アプリよりメリットが大きい」と言われている、LINE内アプリの利用事例について徹底解説しております。
ユーザーのリアルなアプリ利用実態を調査した結果わかった驚きの事実や、LINE内アプリの最新活用例など、これからのLINE公式アカウント開発に役立つ最新の情報を多数盛り込んでいるので、ぜひご覧ください。

LINEについての最新事例や活用方法をご紹介
2020年度版『LINEで動くWebアプリ』最新開発事例集DLページ

現在「自社アプリ開発に比べメリットが大きい」と言われている、LINE内アプリの活用事例集をご紹介した資料です。
LINE上で決済が可能なアカウントや、LIFFを活用して新たなカスタマーサービスを展開した事例など、これからのLINE公式アカウント開発に役立つ最新の情報を多数盛り込んでいます。
資料中で紹介したLINEアカウントをサイシードが作成した場合のコスト感も掲載しているので、ぜひ参考にしてくださいね。